カミソリ・電気シェーバー
お手入れポイント.

アンダーヘアお手入れ
誰もがお手軽にムダ毛を処理する手段として使っている方法がコレ。
まだまだうら若き10代の乙女達には 脱毛サロンやクリニックなんて高音の花。
それでもムダ毛と戦わなくてはならない厳しい現実があり、そんな時こそ このカミソリは、まさに救世主!と言えるでしょう。

そんな ”カミソリ” で、いかに皮膚に負担をかけずに毛を剃るか・・ 処理時のポイントを押さえておきたいと思います。

まず 第一に重要なのは、  いいカミソリを使う! 事。
アンダーヘア部分の皮膚はデリケートゾーンです。
刃がむき出しの、本当に「ザ・剃刀!」的な代物は避けてください。
「安いものはダメ!」とは言いませんが、安くてもせめて安全ガード?みたいなものが付いているものを選びましょう!

そして あまり長く使い回すのはやめましょう。チョットでも切れ味に不満があるようなら アンダーヘアへの使用はやめて下さいね。

では ”カミソリ” で極力お肌を傷めない為のお手入れ方法。
Point,① シェービング前は、できるだけ蒸しタオルなどを当てて あらかじめ毛を柔らかくしておく.
Point,② ”空剃り” をしない.
(空剃り=肌に何も付けずに剃る事)
シェビングクリームやローション等を必ず塗る。
    (石鹸を使う場合は出来るだけ保湿成分の含まれたものを!)
Point,③ 毛並みに沿って剃る.
最初から毛並みに逆らった ”逆剃り” は厳禁です。
逆剃りすると、カミソリの刃が皮膚を引っ張ってその一部を削り取り出血したり、ヒリヒリと赤く炎症を起こしたりします。確実に剃る為には、初めは毛並みに沿ってゆっくりと。そうしたら 再度シェビングクリーム等を塗り、ここで初めて逆剃りOK!剃り残った毛を慎重に剃ってください。そうする事でキレイな仕上がりに!
(ちなみに、カミソリを入れる前にあらかじめハサミ等で毛を短くしておく という事も必須です。)
Point,④ アフターケア.
カミソリで剃った後の皮膚をケアしないのはNG中のNGです!化粧水だけですませる事も.. スキンケアは保湿・保護が基本。
アンダーヘアのようなデリケートゾーンは特に!
化粧水で保湿をした後、乳液等で保護してあげましょう。

以上が ”カミソリ” を使う上での注意すべきポイントです。

次に ”電気シェーバー” を使用する場合 について。
”電気シェーバー” と言うと どうしても ”男性用のひげ剃り機” のたぐいを想像しがちですが、女性用のシェーバーも幅広く販売されています。

例えば、
← コチラ。
『ラヴィア iラインシェーバー』
名前の通り、おもに ”iライン” と ”oライン” に使用できるT字型の電池式コンパクトシェーバー。

アンダーヘアお手入れT字型のヘッドで、太ももの付け根などの処理しにくい部分が剃りやすいようにできています。刃はアンダーヘアのお手入れに最適の、深剃りできない ”ビキニライン専用刃” で、
『色素沈着』『埋没毛』 の問題を軽減します。

アンダーヘアお手入れコチラの商品は 家庭用脱毛器”ケノン” の販売元がケノンと同時購入で出している物です。
あの! ”ケノン” と一緒に売り出している商品である以上「間違いない!」と言える一品ではないでしょうか?

ケノン本体を同時購入での販売となっていますが、ぶっちゃけヤフーなどでも売ってます.. なので、「すでにケノン持ってる・・」とか「ケノンなんて買う気ない..」と言われる方でも安心して購入できますよ!

あと、もう一つ便利なものを紹介しておきましょう。

『ラヴィア Vライントリマー』
コチラはおもにビキニライン(vライン)を整えるアンダーヘア専用の電池式ヒートカッターです。

コームでガードされた熱戦で 少量ずつ毛を焼き切ります。コームは熱に強い素材で作られているので安全。

初めてのビキニラインケアでも安心して使用できます。

アンダーヘアお手入れまた 熱で焼く事によって、切り口である毛先が丸くなります。鋭利になるハサミ等と比べるると、チクチク感を押さえられる優しい仕上がりになります。

形も非常にコンパクトなので細かい所まで丁寧にカットできます。カットできる長さは、根本から1cm以上の自由な長さ。
vラインの毛量が多い場合の ”ボリューム減らしカット” にも最適で、ショーツからの突き出しを防げます。アンダーヘアをスッキリ整えるのに手軽なアイテムです。

そしてこちらも ”i,oライントリマー” 同様にヤフーでも購入できます。

これら ”電池式シェーバー・ヒートカッター” を使用する際のポイントは、”カミソリ” の場合とほぼ同じです。
アフターケアまでしっかりとお肌を守ってあげましょう。

カテゴリー: アンダーヘアお手入れ タグ: パーマリンク